MENU

生きる喜び
RE:クリエイション
カウンセリング

\まずは体験カウンセリングをお試し下さい/

\LINEからもお申し込みいただけます/

※お友達ご登録後メッセージをください

24のリミッティング・ビリーフ≪成長に関するもの≫②成長してはいけない

今日は代表的な24のリミッティング・ビリーフの中から成長してはいけないというビリーフを見ていきましょう。

目次

成長してはいけない

このビリーフを強く持っていると

・すぐに出来ないと思ってしまう
・最後までやり遂げられなかたり、うっかりミスを繰り返す
・責任ある立場を任されるのが苦手
・子供や子供っぽい人を見るとイライラする
・ルールを守るのが苦手


などのお悩みにつながることがあります。

このビリーフを持っているということは、心理的に子供のままで居続けることを意味します。
そのため、このビリーフを持つ人は、心理的にまだ子どもであるため、義務感や使命感が希薄です。
その結果、「依存的で自分で解決しようとしない」「自分の力で深く考えられない」「最後までやり遂げられない」「いつも時間に遅れる」「うっかりミスを繰り返す」といったような子供的な振る舞いが目立ちます。

また、心理的に子供であるだけでなく、身体的な発育の遅れや、容姿、服装が実際の年齢よりも幼いなど、外見的にも子供であることが表れます。
このビリーフは、男性のロリータ・コンプレックス(幼女・少女にのみ性欲を感じる異常心理)、女性のファザー・コンプレックス(娘が父親に愛情を感じ、母親を憎む無意識的感情)の原因になります。

刷り込みの場面

以下のような場面やケースで、このビリーフが刷り込まれることがあります。

  • 過保護、過干渉の親に育てられた
  • 末っ子に生まれて「お前はまだ小さいから」と親が何でもしてくれた
  • 自分が無力で何もできないと、親が喜んだ
  • 子どもっぽい振る舞いをした時だけ「子供らしくてかわいいね」と条件付きで可愛がられた
  • 親がいつまでも小さいころの話ばかりをする(あの頃は可愛かったねえ・・・)
  • 何かをしようとすると、「子どものくせに・・・」と否定された
  • 子どもの頃、親から何の期待もされずに育った
  • 子どもの頃、両親からまったく可愛がられなかった
  • 性的、肉体的虐待を受けた
  • 親から「大人は大変だ」と聞かされてきた
  • 子どもの頃に母親が父親に依存している姿を見て育った

いかがでしょうか?自分の子供が成長するにつれて、自分を必要としてくれる幼くて可愛い子供でなくなってしまうことを恐れる親によって成長してはいけないが刷り込まれます。
「お前はまだ小さくて幼いから出来ないのよ。お母さんが代わりにしてあげるね」と、親が何でもしてしまうので、子どもは「成長しない方が愛される」「私が成長するとお母さんが悲しむ」と思い込み、このビリーフが刷り込まれるのです。

ですが、ビリーフは自分で取り込んだものですから、いつからでも変更が可能です。
不要なビリーフを書き換えたり最適化することで、生きづらさを解消して幸せな日々を過ごしていきましょうね。

ビリーフチェンジ後の可能性

このビリーフを解消していくと次のような効果が期待できます。

  • やる前から出来ないとは思わなくなる
  • ひとつひとつ最後までやり遂げられるようになる
  • 色んな事にチャレンジできることで可能性が広がる
  • 年相応の振る舞いができるようになる
  • 公の場でのきちんと対応できるようになる

不要なビリーフを書き換えて、可能性を開いていきましょうね。



体験セッションのお申し込みはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次